Uncategorized

筋トレならぬ英トレ

今日は、アウトプットの方法の一つを紹介します。英作文(英借文)、音読についてです。

まず、用意するのはIBCパブリッシングという会社から出ているラダーシリーズという薄い本と、ノートか、PCなどの筆記用具です(PCの方が望ましいと思います)

ラダーシリーズは、レベル1~5,Special Editionがあります。ご自身の実力に合わせて、そして興味のあるものからお選び頂ければと思います。

もしくは、PCのスキルがある方でしたら、Googleで何かの単語を英語で打ち込んで、そのwikiを見てみてください。(例:NewYork wiki)そのWikiのページの英語の文章を印刷してください。

 そして、英文が手に入りましたら何をするのかというと、辞書無しで意味がわかる(日本語訳の作業はしないでください!弊害です)ものを10文ぐらいノート(ルーズリーフか、コピー用紙も可)に書くか、Wordなどに打ち込んでください。
しかし、ただ書き留めるだけではありません。
それぞれの文を5回~10回ぐらい書いてください!!
つまり、英文を50~100文書くことになります。
一気にできない場合は、何回かに分けてもOKです。
これだけ書くと、だいぶ頭に入るようになるかと思います。
そして、書きながら意識してほしいのは
「この文の、この単語をちょっと変えて自分の言いたいことを表現したい」と思えるような文がありましたら、書き直したものを違うファイル、またはノート(それ専用のノートがあってもいいかと思います)に書き留めていってください
それを、僕は英借文と読んでいます。
※Wordなどですることをおすすめします。最初は遅くても、徐々に早くなりますし、ネイティブとメール交換をするときなどはPCメールになることが多いからです。
その英借文ノートは大事に保管していってください。
そして、英借文ノートが1ページできたら、仕上げにやってほしいことがあります。
自分の家の部屋で「腹式呼吸で、少し大きめの太い声で」30回~50回音読してください。
(目安なので、もっとやりたい場合はいくらでもOKです)
※といっても、一気にやると疲れるし苦しいので、朝3回、帰ってきてから3回、寝る前に3回ぐらい、4~6日ぐらいでも大丈夫です。
1,ポイントは、日本語を思い浮かべない
2,回数を重ねるごとに、スピードをどんどん速くする
3,丸暗記だと考えない(気がついたら言えるようになっていれば大丈夫)
4,自分なりに「できるようになってきた」と思ったら、録音してみる(スマホなどで)
5,発音チェックする(完璧を求めない程度に)
 このようにすると、書き留める時に手と目を使って覚えます。
音読の時に、口と目と耳を使います。つまり、五感総動員です。
確認ですが、意味の全くわからなかったりする文は絶対にチャレンジしないでください。
単語を覚えるようになるのは、アウトプットができるようになってからです。
わからない単語が多かったらだめじゃないか?とお思いかもしれませんが、口を酸っぱくして言いますね。
英語を日本語に置き換えて覚えるという作業をすると、話す時にものすごく弊害になるのです。試験勉強のときには、必要な作業ですがね。
英会話において、順序はアウトプットが最優先なんです。
話せるようになることなのですから・・・
そして、ある程度頭の中に英文のストックが貯まってきたら・・・
その時に「英文法」なんです。
なぜなのか?またそのことについては、機会をあらためましてお知らせしますね。
ありがとうございました。
Uncategorized

日本人は意識改革を!!

最近マインドセット的なものばかりですみません。しかし、かなり大切なものなので、早く実践的なものを学びたい!!と思われているかと思いますがお付き合いください。

今日は、ネイティブと話す時に日本人が無意識に考えてしまうことについてです。みなさんは、日本人のすごさについて考えたことがありますか?

日本人ってすごいんです!本当に!!まず、日本語というとても難しくて高度な言語が母語であることだけでも相当頭がいい人種なのです。

それから、この狭い国土にも関わらずGDPは世界第3位(でしたよね?)で、都市別のGDPで見ると、東京は世界第一位だと聞きました。

ものすごく頭がいいし、仕事もできる。スポーツだって、数多くのアスリートが世界中で活躍しています。私達はもっと日本人であるということに誇りを持っていいのです。

しかし、外国人を目にしてしまうと「なぜかしらないけど、外人の方がすごい気がする」と考えています。

僕は、それはメディアによる報道によるものも影響しているかと思います。私達が知っている外国人というと、どんな人達ですか?そう、みんな「成功者」達ばかりなのです。

でも考えてみてください。外国人の一般の方のライフスタイルって知ってますか?日本人の方が、きちんとしているし、礼儀も知ってるし常識もある人が多いと思います。

それは、よく言うことですが、日本人は「空気が読める」んです。ん?ということは、外国人は「空気が読めない」のか?

YESとは言えませんが、その傾向はあります。外国人は、自分の意見を言いたい人が多いと私は感じてきました。

すごく、自分を理解してほしいと思ってます。日本人は、行動や思いやりを大切にします。言葉にしなくてもわかりあえるみたいな・・・そして、相手のことを大切にする人が多いです。変なこといいますが、日本人の方が「大人」です。ですから、英会話の際に、お互いに譲り合ってしまうんです。空気を読めないことを恥とする文化がある国だからです。

といっても、空気を全く読まずに図々しくなれと言ってるのではないのです。意識を少し変えてほしいんです。

外国人は、自分の意見を言えない人はあまり評価しません。ですので、これから言うマイナス思考は捨て去りましょう。

「こんなこと言ったらまずいんじゃないか?」「こんなこと言ったら、場の雰囲気を悪くするんじゃないか?」「こんな英語だったら、自分が英語ができない人間だと思われないか?」

常識的に考えて、あまりにもこれらに反することはもちろんNGです。でも、上記の3つのマインドでは、ACTIVEではないです。

外国人が、日本語を話してることを見かけたことはありませんか?彼らは、私達日本人からしたら「不完全な日本語」を話してます(ペラペラな人は違いますが)でも、

「彼らのことを嫌いになりますか?」「彼らを見下しますか?」

同じことが、逆でも真です。外国人が、日本人の英語を一生懸命話してる姿を見たら、

「Oh your English is Good!」と、言いたくなります。失敗はします。とっても多くします。でもそれは避けては通れないんです。

しかし、失敗はその人自体の存在を否定するものではないです。僕はスキーが好きですが、小さい時に習った時にこう言われました。

「転べば転ぶほど早くうまくなるから」

ボーゲンでかっこ悪く滑ってたら、確かに転びはしません(英語を聞いてばかりの人です)でも、パラレルで滑ろうとしたら、怖いし転びます(間違った英語でも積極的に話す人です)どちらが上達が早いかは一目瞭然です。

つまり、間違った英語を言った時に「次、これをどう言えばもっとうまく言えるようになるか」を考える人が上達します。完全な英語を常に話す努力より、不完全な英語をよりよくする努力が必要なのです。

そう、失敗は成功のもと。

これを僕なりの英語で表現すると、All your mistakes lead you to become better.

ちょっと待ってくださいね!もしかするとあなたは「失敗は成功のもと」をググりませんでしたか?失敗は成功のもとをググルと、failure teaches successと書いてありますよね?でも、英語を解釈するのって数式ではないんです。失敗は成功のもと=failure teaches success

このように考える人は伸びません。その人は、辞書やスマホがなくては英会話ができなくなります。

模範解答じゃなくてもいいじゃないですか。伝えたいことが伝われば、文法的に間違っていても、表現が違っていても、大丈夫です。

これも僕の作り話ですが、communicationとは、communi+cationですよね?communiは、communis(共通のもの)というラテン語がから来ているそうです。では、cationは??勝手ですが、僕はcとaを取り替えて、actionとしました。

actionとは、行動という意味です。行動の中に、もちろん話すもありますし、愛するもありますし、運動をするもありますし、いろいろあります。

二人以上の人が共通の何かを行動すれば、communicationなのだと思います。

しかし、共通と言っても相手と自分が100%同じことをすることはできません。ですから、あえて共通という言葉は避けて、共有とします。

行動において、相手と共有することをcommunicationなのだとしたら、会話におけるcommunicationでは、違う表現を言ってても同じ内容を言って意思疎通ができてるのなら、会話を共有する、communicationということになるのだと。

そういった観点でいうと、「この英語=この日本語」という数式みたいなものはなくていいんです。似た内容で同じことを言ってればいいんです。

ですから、会話において単語が出てこなかった場合は辞書で調べる必要もないんです。また、そのことについて、おいおい述べたいと思います。

マインドセットばかりではつまらないかと思います。次回は、具体的な勉強法に移りたいと思います。

いつもありがとうございます。

Uncategorized

英文解釈と英文法は何のため?

前回の記事で英文解釈と英文法について言及しました。おそらく、かなりのバッシングがあるものと覚悟しております(汗)

では、それらを学校でなぜ勉強させられてきたのか?その結果、どうして話せない人たちが多くなってきたのか、考えてみたいと思います。

結論から言います。学校等で習う英文解釈や英文法の勉強はINPUT(受信)なのです!つまり、OUTPUT(発信)については、教えてもらっていなかったんです。

どういうことかといいますと、みなさんは学校で「問題を解く」という作業をされてきたかと思います。これが、相手からの要求を理解してから答えるという大きな流れを作ったのです。当たり前じゃん!!と思われる方も多いかと思います。しかし、会話においては、

「自分の意見を言うことと相手の意見を言うことを同時に行う」もしくは「自分が言うことを考えながら聞く」ようにしていませんか?

英文解釈の思考を用いて英会話においてやっていることは「相手が話し終えるまでしっかり聞いて理解する。それから話す」なってしまうんです。それは、受験勉強から与えられた悪癖です。

「自分が言うことを考えながら聞く」というのは、ACTIVE(積極的)な聞き方です。「相手が話し終えるまでしっかり聞いて理解する。それから話す」というのは、PASSIVE(消極的、受身的な)聞き方です。

もしあなたがカウンセラーを目指されるのであれば、後者がよろしいかと思われます。しかし、英会話できるようになりたいですか?と聞かれたら

「はい、話せるようになりたいです!!」と答えませんか?「はい、聞けるようになりたいです!!」と答える人に会ったことはない気がします。

なのに、単語を覚える、リスニングが大事と教えられているんです。それはなぜなのか。

みなさん、大学受験の勉強をされたことがあるかと思います。では、大学において英語を勉強するとは?

そう、「英語を読む」「外国人の先生の講義を聞く」ことなんです。そのための基礎を中学高校でみっちりとさせられるんです。

英語を書くと言ったら、先生の板書をノートに「書き写す」ぐらいです。すべて、INPUT,PASSIVEなんです。

みなさん、英語で日記をつけたり、Emailを英語で書いたことはありますか?「まだまだ自分の英語力はダメだから無理」という返事が来るかと思います。または、「Emailは書いてるけど、誰かの書いたのを真似てるだけ」という方もいるかと思います。

一つ言います。「失敗を恐れないでください!!」

僕が尊敬していた大学の頃のイギリス人の教授はこうおっしゃってました。「私も英語で文章を書く時はたくさん間違いをする。それを直すからいい文章になる」

BE ACTIVE  これを常に意識する。すると、ある時こんなことを言われたりします。

「Oh! your English is so nice!」

この瞬間が来たら、あなたの英会話への姿勢はACTIVEになっています。次回は、ACTIVEになれない理由をお話します。

ある意味、日本人特有のものなのかもしれません。Thank you so much!! Have a nice day.

Uncategorized

受験の英文解釈VS英会話の英文解釈

ネイティブにこれやられたら一発アウトだよね・・・と思われることがあると思います。例えば、こんな長い一文言われたらどうされますか?

I’m so happy sharing time with you today because I’ve been looking forward to meeting you for years, I mean it’s like my small dream came true which sounds like too much to tell and I really can’t express what I feel in words but I believe you understand me, for you and I’ve shared so many precious memories in the past so that you probably know most of the things about myself is that right?

あ、今危険なこと考えませんでしたか??「難しすぎるから、日本語訳をくれないとわからないよ!!」

ちょっと待ってください。これが、まず大きなつまづきなんですね。

この文を言えるようになる前にこの日本語訳至上主義というか、日本語訳にできないと絶対にダメという意識改革から始めますね。

確かに、この長い文を見せられたら、「うわっ!無理無理・・・」と思われるのは当然かと思われます。しかし、これをカットしてみて部分に分割するとどうなりますか?

・I am so happy sharing time with you today

・because I’ve been looking forward to meeting you for years,

・I mean it’s like my small dream came true

・which sounds like too much to tell

・and I really can’t express what I feel in words

・but I believe you understand me

・for you and I’ve shared so many precious memories in the past

・so that you probably know most of the things about myself is that right?

 

このようにしてみたら、「おっ、まだ可能かな?」と思われる方もいるかと思います。もちろん、「いやいや、これでもダメだよ」という意見も、ありますよね?

では、このようにしたらなんとかなりませんか?Happy⇛meeting you⇛small dream⇛came true⇛too much to tell⇛I can’t express⇛what I feel ⇛you understand me⇛you and I⇛precious memories⇛most of⇛myself⇛right?

このように、知ってる単語を拾い上げて、そこから連想して相手が何を言ってるかを推測することを、自然にできるようになると非常に楽です。つまり、英会話において「文法的に」完璧な日本語訳にしているとき、頭の中で起きている現象は「日本語理解」「文法に裏付けされた英文解釈」になっているのです。そして、それをさらに英語にしようとする。

これをものすごいスピードでできる方もいらっしゃいますが、最初のうちは大変ですし、この癖がつくと大変なのでは?というのが僕の意見です。

でも、単語が・・・文法わかんないと理解できない・・・それでもそうおっしゃる方はいらっしゃいます。そこで、提案をします。

わからない時は、相づちを打つのがポイントなんです。

相づちを打てなかったら、うなづくのでも大丈夫です。つまり、自分なりにわかった単語、分割するところを意識することです。そして、わかったものを連結する練習をするのです。こう意識してリスニングをするというのは、非常に効果的です。

日本語でもやってみますが、上記の三行で例として・・・

わかった単語⇛分割⇛意識⇛わかったもの⇛連結⇛練習⇛意識して⇛リスニング⇛効果的

こんな感じです。それは、危険だ!!そんなことでは正しく理解できない!!う~ん・・・そうですねぇ。では、考えてくださいませんか?大学受験までの勉強法が絶対であり、日本人の大部分がその方法が全ての学習者に効果的であると考えられているのは僕も知っています。

では、赤ちゃんから幼稚園児が母語を学ぶとき、「主語が何で、動詞が何で、この副詞は何にかかっていて、関係代名詞節はこうで、時制がこうなんだから・・・」と考えながら学んでる子はいますか?

受験における英文解釈が何であるかというと、それは英会話ができるようになるためではないのです。それは、日本人の教師が英語を教えやすくするようにした方法なのです。

まとめます。受験の英文解釈と英会話の英文解釈は、別物です。では、何で英文解釈とか英文法を受験で学ぶ必要性があるのでしょうか。

それは、またご説明いたします。

Have a nice day!!

Uncategorized

単語を覚えられない!!

今日は、語学学習の王道の「単語を覚える」です。

よく、単語帳をじっと睨みつけて、英単語の日本語訳をまるで時刻表丸暗記のように覚えてる方を見かけます。

お気持ちはわかります。なぜなら、単語の数が多くないと、ネイティブとは対等に話せないという定説は根強いですよね。

しかし、この学習法だけで勉強していくとどうなるか?次のようになりませんか??

I       want        to       talk       with      many       native       English        speakers        because        I         love        to        travel          abroad.

単語と単語の間に、0.1~0.3秒ほどの短いポーズが入ってしまうことになりかねません。でも、実際はこのように話したいのではないですか。

I want to talk with many native English speakers because I love to travel abroad.

つまり、最初から最後まで一気になめらかに言うということです。

「そんなの、自然にできるようになるよ」とお思いの方もいらっしゃるかと思います。果たしてそうなのでしょうか?単語は、文単位で覚えていったほうがいいと私は思います!

でも、英作文なんてできないしなぁ・・・とお悩みのあなたに、おすすめの方法があります。それは、気になる単語があったら、このようにググるんです

(例) influence 例文

すると、探していくと例文を探していくことができます。このようにしていくと、自分の覚えたい単語を文単位で覚えていくことができます。文の和訳もついてきますので、意味が全くわかんないということもないと思います。

この作業では、英単語を覚えるのと同時に、完全ではないですが英作文(Output)の作業も兼ねています。

何かといいますと、目で覚えないで、舌で覚えてください!!目で見て記憶することは、inputです。発音して記憶することはoutputです。

目で見て言えるようになったと思っても、実際に言えるようになるかはわかりません。ですから、繰り返し繰り返し、何回も言ってみてください(繰り返すたびに、どんどんスピードアップするとなおいいですよ!)

ただ、その時に壁にぶち当たるかもしれません。それは、長い文は一気に言えない!ということです。

その解決方法は、また今度ご説明しますね。では、今回もご愛読ありがとうございました。質問ご意見、たくさんお待ちしております。

どうもありがとうございます。

English Communication

英会話をしたい!

こんにちは、ハルです。

これから、英会話について自分の思いや、どう自分が勉強してきたか、どんなマインドセット(自分の取り組もうとしていることへの意識や考え方の整理)も含め語っていきたいと思います。

まず、「英会話」と聞いてみなさんが思い描くイメージはどんなことですか?外国人と笑顔で楽しそうに「話す」ことですよね?そう!「話す」ことなんです(当たり前だろ!?と言われそうですが)

しかし、これまでみなさんは「話すための」勉強をしてきましたか?おそらく、理解するための、聞き取るための、解釈するための・・・つまり、インプット重視だったのではないでしょうか(受身的な感じですね)

では、話すために何が必要なのか。単語を一生懸命たくさんたくさん小さなカードに書いて、丸暗記する。リスニングの教材(TOEICや英検などの)を買ってきて、聞き流す(スピードラーニングという方もいますか?)まず、文法が完璧にできないことには話せるようにならないと、分厚かったり、難しい文法の参考書をガッチリとする。

いいことだと思います。ただ、それって本来なんの為の学習だったのでしょうか?そうです。大学入試や英語の資格試験に合格するための学習だったのではないでしょうか。

これから僕が伝えていきたいことは、その昔からの定着された考え方ではありません。つまり、真逆の発信していく練習(あえて勉強とは言いませんが)・・・アウトプット重視の努力を重ねていくことです。

そのためには、単語も無理しないで覚えなくてもいいです。文法も、先に完璧にするのではなく、徐々に使いながら学んでいく。資格勉強は、話せるようになって英語が好きになってからでも大丈夫です(必要な方は逃げないで頑張ってください!)リスニングも、聞けるようにならないと話せるようにならないという今までの迷信からは解き放たれてオプションとしてやっていっても全然OKです。

そして、自分の伝えたいことをたくさんたくさん形にして行くことを楽しみながらしていきましょう。と言っても、無理に難しいことはしなくてもいいです。できることにほんの少しだけプラスすることを重ねていくだけで。

野球選手も、いきなり試合でデビューするのではなく、素振りやキャッチボールをたんたんとこなします。英語も同じです。自分のできることを反復しながら、少しずつ良くしていけばいいんです。そして、ネイティブと話すときは「中身の濃いことを話さなければいけない」と思わずに「楽しく話したい」と心を楽にして話しましょう。

基本は、相手と楽しい時間を過ごしているということを会話を通して伝えていくことです。そのためには、難しい単語も文法も、相手の話を完全に理解することも必要ないです。本当なのか?信じることが難しい方はいるかもしれません。これから、このブログを通じて少しずつ伝えていけたらと思います。

Please open your mouth and say anything you want. More you speak, more fluent you can communicate in English. Don’t do too much but do your best. And the keyword to improve your English skill is “Enjoy”.

Thank you very much.